パリージョス解禁!!(((o(*゚▽゚*)o)))

あ、すみません。ワインの名前じゃありません。

パリージョスって、フラメンコのカスタネットの事です。

10数年ぶりに趣味のフラメンコを再開しました。

と言っても、前回は先生が見つからなくて、ビデオで独学。

始めたきっかけは、ファーストアルバムでチックコリアの「スペイン」という曲をヴォーカリーズ(母音だけで歌う)とスキャットで収録したこと。

でも 間奏部分が、なーんとなく手持ち無沙汰で・・・

 「そうだ!カスタネット入れたらカッコいいかも!」と思い、フラメンコ教室を探すも、見つからず。で、独学。そして本番に乗せる

 相変わらずの無鉄砲でございます。

その後、しばらくこの曲は演奏しなかったので、フラメンコ独習もお休み。

しかしついに、昨年の12月にスペイン友好協会なるところから、クリスマスにゴスペルを歌うご依頼があり、フラメンコの先生をご紹介いただきました!

今年から超初心者クラスに参加。実は私、今まで趣味らしいものがありませんで、難しいけど、もー楽しくて楽しくて。

セビジャーナスという曲種を習っておりますが、これに使うのですよ、パリージョスを!!

ちょっと鳴らしてみましたが、指がなまって音が出ない!まずいです。今日から特訓!!


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Classical Musician.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-youtube